「小4が作った」との嘘!

突然の解散を問題提起するサイトを小4のフリをして煽っていたけど、実は中身は慶応大学生で、NPO団体代表も務める人物だったという事で、ネットでは大騒ぎになっている。

このサイトは「10歳の中村」を名乗るユーザーが作った衆院解散の是非を問うサイトで、サイト名は「どうして解散するんですか?」。

このサイトが解散が発表された後の21日からインターネット上で注目を浴び、「小学4年生が作ったとは思えない」と炎上した。

usagi.jpg

関与を疑われていたNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表・青木大知氏(20)が、22日ツイッターで「今回の一連の騒動は全て私1人が行いました」と謝罪する流れとなった。

衆議院解散を問題提起するサイト「どうして解散するんですか?」は、「10歳の中村」が、小学生になりすました視点から今回の衆院解散について疑問を提起した。

民主党のマスコットキャラクター・民主くんや、乙武洋匡さん(38)が、ツイッターで拡散する等して注目を集めていた。

しかしサイトの作りが小学生が作ったとは思えないほどの高品質だった事で、疑惑の声が噴出。

サイトのドメインと類似する「why-kaisan:jp」を「僕らの一歩が日本を変える。」が取得していた事で、同団体の関与も疑われていた。
同団体は当初公式サイトで「団体としてサイトを作ったり意見を発信したり等はしておりません」と関与を否定していたが、後に団体代表の青木氏が、自身が単独で行った事だと発表した。
言いたい事があれば直接言えばいいのに、なぜ小4になりすましたんだろうか?

理由は簡単で、今回の解散総選挙は子供も疑問に持つほど不自然で、なんで大人は気付かないの?みたいな感じで関心を持ってもらう為の策略だったんだと思う。

現に注目を浴びているが、結局解散以前の不正などの話題はうやむやになっているので、自民党は喜んでいるのかもしれない。